長崎観光@元タクシードライバーの長崎ガイド > 長崎のお土産 > 坂本龍馬が愛した「長崎かすていら」

長崎のお土産

坂本龍馬が愛した「長崎かすていら」

坂本龍馬が愛した長崎かすていら
写真は坂本龍馬が愛した長崎かすていら
長崎には全国的に有名なカステラの老舗の「福砂屋」や「文明堂」、チョコラーテなど特殊なカステラで人気の「松翁軒」、地元の人や観光客に密かに支持されている「万月堂の桃カステラ」など、沢山のカステラ専門店があります。

これは、長崎が鎖国時代にポルトガルから製法が伝えられ、貿易で砂糖が手に入りやすい状況であったため老舗の店舗が多いのと、それぞれのカステラ屋さんで修行を積んだ職人さんが独立して自分の店を出したりで広がっていったようです。

長崎のカステラ屋さんには、古い店ばかりではなくて、新しい店が新しい味で頑張っている店舗も多いのも特徴です。
これは、長崎の人の生活の中で、カステラは自然に溶け込んだお菓子であり、法事やお見舞いなどの「手土産」としても重宝している存在なので、利用価値も高いし、ファンも多いので商売としても成り立っているからだと思います。

その新しい店舗の長崎土産として観光土産店でしかお目に掛らない物ですが、「坂本龍馬が愛した長崎かすていら」というのが最近話題になっています。

「長崎本舗」という西彼時津町にあるカステラ屋さんが売り出しているカステラは龍馬が亀山社中でオランダ船との貿易の際、ざらめを代金として利用したこともあって、ざらめをふんだんに使っている事が特徴です。

前にここでも紹介した「坂本龍馬が愛した珈琲」という珈琲の販売会社とコラボで売り出したセットの物もあり、坂本龍馬ファンには話の種にでも是非買って帰って貰いたいものですね。

長崎駅前のキヨスク、長崎空港、サービスエリア、バスターミナルなどで扱っていますが、
最近はネットでの通販もあります。こちら⇒坂本龍馬が愛した長崎かすていら


<<ガソリンの価格が高騰!170円台突入!? | 長崎観光@元タクシードライバーの長崎ガイドトップへ | パティスリー サン・ミシェルの濃厚クリームチーズケーキ>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
URL
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。