国際観光船(クルーズ客船)

世界第2位のクルーズ客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」入港予定!

2015年現在の世界一の大きさを誇るクルーズ客船は、ロイヤル・カリビアン・インターナショナルが保有する「オアシス・オブ・ザ・シーズ」と「アルーア・オブ・ザ・シーズ」の225,282トンが最大ですが、その次の大きさの167,800トンの「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」が7月に入港予定です。

quantum of the seas.jpg

宝石型展望カプセルの「ノーススター」と言う施設は、海面から90mの高さまでクレーン形式のアームにカプセルが付いた展望台で、360度のパノラマビューが楽しめたり、そこで結婚式を挙げる事が出来るそうです。

また、船の中ではスカイダイビングも体験できる設備が備えられているようで、退屈しようが無いようなサービスが満載みたいです。

こんな夢のような超豪華客船が入港する予定なのですが、長崎港の公式ホームページにも水辺の森の客船入港予定にも表示されていませんし、どのサイトでも話題になっていません。

というのも、この「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」は、全長348m、高さ72mと今まで日本に寄港した客船のなかでも最大だった「クイーン・メリー2」の高さ62mを10mも上回る大きさで、橋の下65mしかない女神大橋を通過する事が出来ないため、小ヶ倉埠頭に停泊するのではないかと思います。多分まだ接岸場所の決定ができていないので公表していないのだと思います。

いずれにしても、7月19日の日曜日に入港することは決まっているようなので、楽しみに待ってみましょう。

国際観光船(クルーズ客船)

ボイジャー・オブ・ザ・シーズ(Voyager of the Seas)の入港と出港

長崎港に今日入港した国際観光船(クルーズ客船)のボイジャー・オブ・ザ・シーズの入港と出港の様子です。
ボイジャー・オブ・ザ・シーズ
2012年6月22日午前7時30分頃その巨大な船体を女神大橋の下を窮屈そうに滑るように通過させ、ボイジャー・オブ・ザ・シーズは長崎港に入港してきました。
水辺の森公園より
長崎港に入港した客船では、クイーンメリー2に次ぐ世界第4番目の巨大客船です。
クイーンメリー2の高さが72mでしたが、このボイジャー・オブ・ザ・シーズも65mの高さがあり、水辺の森公園の道路から撮った写真で比較するとその大きさが確認できると思います。
クイーン・メリー2
南山手より見た画像はそこにビルが建っているような巨大な壁が広がっていました。
南山手よりボイジャー・オブ・ザ・シーズ
出港は17:00、暮れ始める前の長崎港を来たときと同じように滑るように進んで今度は入港と違ってたくさんの見物客が女神大橋の上で見守っています。
女神大橋・ボイジャー・オブ・ザ・シーズ
その、たくさんの観客に挨拶をするように橋の下で汽笛を鳴らして長崎港を後にして次の目的地、韓国の済州島へ向かって行きました。
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 長崎(市)情報へ

国際観光船(クルーズ客船)

オーシャン・ローズ入港

定期船「オーシャン・ローズ」は、佐世保のテーマパーク「ハウステンボス(HTB)」が、別会社のHTBクルーズを立ち上げ、中国の上海と長崎を結ぶ「上海航路」を復活させ、経済成長著しい中国からの観光客を誘致しよう計画した船で、その「オーシャン・ローズ」が11月2日長崎港に入港しました。

オーシャン・ローズ

「オーシャン・ローズ」の船名の由来は、ハウステンボスの象徴で園内に100万本ある「バラ(ローズ)」と「海(オーシャン)」から来たもので、バラの花言葉の「情熱」に因んだ名前だそうです。

この船は新船ではなく、ギリシャの船会社から中古のフェリーを購入したもので、全長192.91m、
総トン数30,412トン、最大収容人数1,700名は、日本船籍のクルーズ客船のふじ丸やにっぽん丸より大きな船で、飛鳥Uに継ぐ規模の客船になります。

「オーシャン・ローズ」の本格的な就航は来年1月からですが、3日に試験運行を兼ねた長崎県のチャーター船として運行する為長崎港の松ヶ枝国際埠頭に停泊しています。

この上海航路の運賃は中国からの場合2000円と言う破格値で、日本から行く場合は片道1万円以下に設定されるようで、急ぎ旅で無い場合は利用価値は高いと思いますね。

船内には劇場なども併設されるようで格安でも本格的なクルーズが楽しめるようです。
「オーシャン・ローズ」のその他の画像はこちら⇒長崎港−デジカメ無料写真館−

国際観光船(クルーズ客船)

飛鳥Uの里帰り

クルーズ客船の飛鳥U(50,142トン)が小雨が降る長崎港に帰って来ました。
あいにく入港の画像は撮影できませんでしたが、出港の時は良い写真が撮れました。


飛鳥Uと女神大橋

ライトアップされた女神大橋と飛鳥Uのツーショットです。

この飛鳥Uは、長崎で初めて建造されたクルーズ客船の「クリスタルハーモニー」が、名前を変えて就航している船です。

この数年、大型の客船でのクルーズが人気で、先代の飛鳥(28,856トン)では収容できなくなり、キャンセルや売り逃しを防ぐ為に2倍近くの規模を誇るクリスタルハーモニーを転用することで3年近く掛かる建造日数を数ヶ月の改装でやりきり、今の流れをつかみ業績も好調のようです。

しかし、今年3月の大震災以降日本近海をクルーズする客船は激減し、当然長崎港に入港するクルーズ客船もキャンセルやクルーズ自体がボツになったものも多く、日本船籍の船のふじ丸や日本丸などが確実に来てくれてたぐらいで、それ以外の時は寂しい国際船ターミナルの様子でした。

長崎の景気は三菱と観光で大きく左右されますので、こう言う大型の客船の入港はありがたいですね。早く福島の放射能が収まり、また去年のように沢山の観光船の姿を見たいと心から願うばかりです。

http://nagasakiport.iinaa.net/CruiseShips-asuka2.htm

国際観光船(クルーズ客船)

国際観光船Diamond Princess入港!

11月16日朝5時30分、国際観光船のクルーズ客船「Diamond Princess(ダイアモンドプリンセス)115,875トン」が、まだ夜が明けきれない長崎港に静かに静かに入港してきました。

ダイアモンドプリンセス20101116

この「Diamond Princess」は、先月に続いて、今年の2度目の入港ですが、さすがに110,000トンを超える客船が入港してくると長崎港も狭く感じますが、真っ暗な中を静かに入港する姿は威圧感がありますね。

国際観光船(クルーズ客船)

「クイーンメリー2」長崎港に初寄港!

クイーンメリー2長崎初寄港
写真は、世界最大級のクルーズ客船「クイーンメリー2(151,400トン)」が、長崎港に架かる女神大橋の下を通過する模様を写したものですが、2月17日早朝、夜がまだ明けきれない6時50分頃、その大きな船体を現しました。

横浜のベイブリッジを通過できなかったと言われるその高さは海面から62mあるそうで、女神大橋の場合65mですから、わずか3m程しか余裕が無く、運転している船長さんは、ヒヤヒヤものだったでしょうね?

Yahoo!ニュースでも取り上げていましたが、2010年ワールド・クルーズ102日間の途中に寄港した模様です。

クイーンメリー2松ヶ枝岸壁

「クイーンメリー2」が入港したあと松ヶ枝の国際埠頭へも行って見ましたが、さすがに「でかい!」そびえたつビルのような大きさで、この客船を一目見ようと沢山の人たちが集まって、写真に収めていました。

この船を追って、わざわざ福岡から来たと言う人もいたようで、夕方18:00に長崎港を出港して、次の目的地の横浜に向かうようです。

クイーンメリー2のその他の写真は、私の姉妹サイト「長崎港デジカメ無料写真館」にも掲載する予定です。

国際観光船(クルーズ客船)

COSTA ALLEGRA(コスタ・アレグラ)が、中国より入港!

COSTA ALLEGRA
イタリアの船会社「コスタ・クルーズ」所有のクルーズ客船「COSTA ALLEGRA(コスタ・アレグラ)」が、7月14日長崎港に入港しました。

この「COSTA ALLEGRA(コスタ・アレグラ)」は、7月から解禁になった中国の個人旅行者に対するビザの発給に伴い、第一便のクルーズ客で、約1000人が中国からの来崎です。

長崎は、上海航路がある頃は、中国との船の交易は盛んで、今でも華僑の多く住む町だし、今までも中国からの留学生や、仕事で来ている人達が沢山いるので、あまり違和感もありませんが、当の旅行者にとっては、感慨深いものがあるでしょうね?

いくら、中国から近い日本への船旅とは言っても、クルーズ客船を使っての旅行となると、中国でも富裕層の人達の一行でしょう。

入港後、市内各地の観光地やショッピングなどに出かけたようですが、一部の人達は、大波止から又船に乗って長崎から一番近い離島の伊王島にある「やすらぎ伊王島」の夏の看板メニューで「日帰りバーバキューパック」というバーベキューと温泉がセットになった企画で楽しんだようです。

中国にも温泉は沢山あるでしょうが、わざわざ長崎まで来て、バーベキューと温泉とは良く分りませんが、当の中国の人達はかなり盛り上がっていたようです。

国際観光船(クルーズ客船)

国際観光船「セブンシーズ・マリナー48000トン」入港!

.
SEVEN SEAS MARINER

4日バハマ船籍のクルーズ客船「セブンシーズ・マリナー(SEVEN SEAS MARINER)」4万8千トンが、長崎港に入港。

新型インフルエンザが大流行しそうな兆しがある中での寄港で、長崎検疫所がクルーズ客船に特別検疫を初めて実施したそうです。

これは、新型インフルエンザの感染者が確認されたアメリカから、10日以内に乗客1人が客船に乗り組んだため行われたもので、新型インフルエンザを水際で食い止めようとしている税関の措置ですが、当然の事ではありますが、他の乗船客にとっては迷惑な話ですね?

クルーズ客船を積極的に誘致して、長崎観光の起爆剤にしようと考えている長崎県庁にとっても頭の痛い問題でしょう。

国際観光船(クルーズ客船)

国際観光船アルカディア(Arcadia)入港!

.
アルカディア(Arcadia)

昨日のクイーン・ヴィクトリアに続き今日もイギリスからクルーズ客船が入港しました。

船名は、アルカディア(Arcadia)82500トンですが、アルカディアと聞くと、私たちの年代の人間には、松本零士のアニメ『宇宙海賊キャプテンハーロック』などに登場する架空の宇宙戦艦「わが青春のアルカディア号」を連想しますが、このクルーズ客船のアルカディアは、イギリスのヴィクトリア女王が誕生した年に創立した由緒ある船会社P&O (Peninsular & Oriental Steam Navigation Company)の保有する巨大客船です。

このアルカディアも昨日のクイーン・ヴィクトリア同様日本初寄港で、長崎のみの入港になりました。

世界中が不況の真っ只中にあって、客船でゆっくり船旅をする富裕層の人達は増えているそうですが、あるところにはあるんですね?

尚、アルカディアは、6日17:00出港の予定です。

国際観光船(クルーズ客船)

QUEEN VICTORIA(クイーン・ヴィクトリア)入港!

クイーン・ヴィクトリア

こんにちはー!
長崎観光@元タクシードライバーの長崎観光」の管理人じげもんです。

長崎の気になる観光地と街の話題を紹介しています。

昨日の記事でご紹介したクルーズ客船「クイーン・ヴィクトリア(QUEEN VICTORIA)90000トン」が本日入港しました。

朝もやの中、午前7時20分頃の長崎港に現れた「クイーン・ヴィクトリア」は、その巨大な船体を女神大橋の下を窮屈そうに入港してきました。
QUEENVICTORIA

この客船は、総トン数90000トンの巨大客船で、長崎初寄港のクルーズ客船です。

イギリスからの世界一周クルーズの途中で、日本では長崎のみの寄港になりました。

長崎の人は巨大な客船はダイヤモンドプリンセスなどで慣れているはずですが、それにしても近くで見るとデカイ!

クイーン・ヴィクトリア

夕方、17時30分ごろ、次の寄港地である韓国の釜山へ向かって静かに出港して行きました。

国際観光船(クルーズ客船)

「QUEEN VICTORIA(クイーン・ヴィクトリア)」が入港します。

QUEEN VICTORIA
2009年3月5日長崎入港予定の「QUEEN VICTORIA(クイーン・ヴィクトリア)」は、「クイーン・エリザベス2」や「クイーン・メリー2」と言う世界最大級のクルーズ客船を保有するキュナード社の豪華客船です。

その「クイーン・ヴィクトリア」の長崎寄港はもとより、日本初寄港ですが、このクルーズのメニューが「長崎・シンガポール16日間」と言うなんとも不思議な船旅です。

日本寄港は長崎のみで、羽田、伊丹、名古屋から飛行機で長崎入りした乗船客が長崎で乗り込み、その後、釜山や上海、ホーチミン、バンコク、シンガポールなどのアジアの各地を巡るツアーです。

もっとも、乗船客が日本国内の人が殆どで、長崎が一番韓国や中国に近いので発地に選ばれたのかもしれませんね?

ちなみにこのツアーの企画会社の1社で「クルーズのゆたか倶楽部」の旅行プランは、578,000円〜1,448,000円で、船中12泊ホテル1泊、各都市での市内観光は全てオプショナルツアー(OP)、添乗員同行で、最小催行人員15名だそうです。

時間とお金に余裕があったら一度は行ってみたい観光のスタイルですね?

尚、明日の入港予定は、8:00、出港予定が17:00なので松ヶ枝の国際船埠頭では色々なイベントが企画されているようですね?

長崎観光のポータルサイト「長崎旅ネット」さんでは、『鳥の目線の撮影会』ということで、女神大橋より「QUEEN VICTORIA(クイーン・ヴィクトリア)」の撮影会を予定しているようですね。

国際観光船(クルーズ客船)

サファイヤ・プリンセス

SAPPHIRE PRINCESS.JPG

最近は、上海航路のルートになりつつある長崎ですが、この「サファイヤ・プリンセス(115,875トン)」は、世界に誇る長崎の三菱重工長崎造船所で建造された大型客船です。

今日の朝から寄港していましたが、出港に立ち会うことが出来たので写真をUPします。

この「サファイヤ・プリンセス」は、長崎の人はほとんど知っているでしょうが、2002年に同型の船を2隻建造して、進水式も済ませた後の10月、もう一隻の豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」が偽装中に火災が発生、全体の4割が焼けました。

後から建造していた「サファイヤ・プリンセス」を「ダイヤモンド・プリンセス」の名前で急遽引渡し、残された「旧ダイヤモンド・プリンセス」を修復、名前を「サファイヤ・プリンセス」に変更して、最初から第二の人生を送っている経歴を持った船です。

当時は、長崎中の造船関係者が突貫工事で作業に従事して、「違約金で三菱は倒産するのでは?」と言う噂まで飛び交いました。

SAPPHIRE PRINCESS2-2.JPG

長崎の港にはとても似合う白亜の船体に夕陽をいっぱい浴びながら長崎港を出て、一路中国の天津に向かいました。

国際観光船(クルーズ客船)

にっぽん丸クルーズ

nipponmaru1-1.JPG

にっぽん丸が長崎港に入港。
この「にっぽん丸」は、商船三井客船株式会社が所有する客船で、平成2年(1990)に、二代目「にっぽん丸」と交代に建造された三代目「にっぽん丸」です。総トン数21.903トン乗客定員532名(最大)184室 全長166.6m 全幅24.0mと言う客船で、横浜を出て釜山へ向かう船旅です。全体のデザインコンセプトは「海の別世界」だそうです。

nipponmaru1-2.JPG にっぽん丸とLNG船

この日の長崎港は大型船のラッシュで、この「にっぽん丸」より先に入港していた「COSTA ALLEGRA 28,597トン」と三菱造船所のドックに入ってきたタンカーとが狭い港をすれ違う姿が見られました。

LNG.JPG 海の交通ラッシュ

長崎港を定期的にクルーズする観光船と、高島航路の「コバルトクィーン」などがタンカーの脇をすり抜けるように行き来していた。

そんな中三菱造船所に修理のために入港していた護衛艦の「こんごう」が静かにスルスルと出港して行く姿は印象的でした。

kongou.JPG イージス艦「こんごう」

最後は、わずか2時間の滞在ながら「にっぽん丸」の優雅な船体で長崎港のショーを締めくくることが出来ました。

nipponmaru1-3.JPG にっぽん丸出港


にっぽん丸クルーズ 
商船三井客船(MOPAS)公式ページ
 にっぽん丸クルーズ商船三井客船(MOPAS)公式HP


Powered by Seesaa