長崎観光@元タクシードライバーの長崎ガイド > このブログの趣旨 > 長崎の観光、一進一退か・・・

このブログの趣旨

長崎の観光、一進一退か・・・

日経ネットの2月16日付けの配信によると、

長崎の経済に大きな影響を及ぼす、基幹産業の造船業と観光について、日本経済新聞の支局長が注目点を語っていたので取りあげてみました。

それによると、長崎県の主要産業である造船では、三菱重工業長崎造船所は現在、3年分の造船受注残を抱えているそうで、2007年度の造船受注高はコンテナ船などの受注増により、前年度比60億円強増の2081億円に拡大する見通しだそうですが、2008年度はこれより下回った2000億円の見通しのようです。

一方、佐世保市のSSKも数年分の受注残があるそうで、世界的な海運需要の拡大で、好調を維持する見込みだとか、しかし、中国・韓国などの追い上げも厳しく価格競争になると厳しい面が出てくるでしょうね。

また、観光面では、ハウステンボスの人気は以前高く、2007年度の入場者は2年連続で前年度を上回っているようですが、これも、国内の人気ではなくて韓国や、アジア諸国の観光客の増加が要因で、今後も続く見通しだそうです。

国内では、原油の高騰で、消費者マインドの落ち込みが心配されるようで、観光に頼るところが大きい本県の課題は、「施設やイベントの刷新が集客力向上のカギを握ることになりそうだ。」と日経ネットは結んでいます。

詳しくは>>日経ネットHPにてhttp://www.nikkei.co.jp/kyushu/akinau/08021602.html

<<旅行のクチコミサイト フォートラベル | 長崎観光@元タクシードライバーの長崎ガイドトップへ | 長崎鉄平石>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
URL
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa