長崎観光@元タクシードライバーの長崎ガイド > このブログの趣旨 > 長崎市観光の現状

このブログの趣旨

長崎市観光の現状

2005年度の長崎市の観光客の数は、539万人余り、5年ぶりに増加しました。
増加した要因として、2005年3月、ながさき出島道路が開通した事や、ダイヤモンド・プリンセスなどの国際観光船が、延べ28隻入港した事などが挙げられています。

2006年度も日本ではじめてのまち歩き博覧会「長崎さるく博'06」が開催されたり、2005年の暮れに長崎港の南、戸町と木鉢地区を結ぶ「女神大橋」の開通など、観光長崎を見直される明るい話題が沢山ありました。

また、「軍艦島」と呼ばれる野母崎の沖に浮かぶ「端島」も世界遺産に登録しようと言う動きも活発化してきて、今後も長崎観光が見直される事が多いようです。

長崎に生まれ育って、長崎をこよなく愛する私にとって、長崎が活気づく事は大変嬉しく、又自分も元気になるような気がします。そこで、微力ながら長崎を応援する意味と、長崎を離れて異郷で暮らす人達へ報告の意味も込めて、このサイトを立ち上げました。日々変わってゆく町並みと変わらない歴史の町並みを報告したいと思います。

ただ、長崎には良く編集されたホームページが沢山あります。通常の観光ガイド的なものは、そちらの優良なサイトに任せて、私の場合「元タクシードライバー」と言う独自の視点で長崎の観光スポットや情報などを伝えて行きたいと思います。

長崎を観光する場合、地図を片手に行ったり来たりもいいですが、タクシーの市内観光のルートは実に効率的に回れるように工夫されていますので、タクシーに乗らなくても、このルートを利用して回ってみるのも一つの方法ではないでしょうか?

まずは、市内観光のモデルコースを順番に巡る観光を試してみてください。


尚、写真等の著作権は放棄しておりませんが、未熟な技術と、足を運んで頑張って撮った写真で、使える物があったら、自由に使って構いません。
ただし、せめてリンクをしてもらえるか“「長崎観光@元タクシードライバーの長崎ガイド」さんより借用”の言葉だけはお願いします。

<<聖福寺 | 長崎観光@元タクシードライバーの長崎ガイドトップへ | 旧唐人屋敷跡>>

この記事へのコメント

  • アラ・マア
  • 2008年01月12日 09:44
  • おはようございます。
    はじめまして。
    来週に長崎観光を予定しております。
    長崎は、大好きで十回程訪れています。何度
    訪れても、歴史ある異国情緒の街の雰囲気は
    何とも言えず良いものですね。
    それに、いつも感じるのは、タクシーの運転手
    さんが皆さんとても優しいことです。
    やはり、国際都市なので洗練されているのでしょうか。
    ところで、お尋ねしたいのですが、殆どの
    有名観光施設には重複して行ってますので、
    どこか、穴場なコースがありませんでしょうか?
    宜しかったらお返事お願い致します。
  • じげもん
  • 2008年01月12日 16:08
  • こんにちは!

    コメントありがとうございます。
    そして、お褒めの言葉ありがとうございます。

    長崎の人は、確かに親切です。
    特に観光客には・・・。タクシーの運転手も・・・。
    でも、中には、変な人もいますので・・・。

    さて、お問い合わせの件ですが、
    長崎に十数回も来られているのでしたら、
    ほとんどの観光施設は回られているでしょうね?

    思案橋から鍛冶屋町辺りの寺町界隈はのんびり散策するのも私は好きですが、観光となるとどうですかね?

    今の時期でしたら、野母崎の水仙まつりと言うイベントがありますが、こちらは市内から車で40分ほどかかります。

    軍艦島クルーズとセットに出来れば最高なのでしょうが、今の時期は野母崎での下船が出来ません。
    どうしても軍艦島を絡めたい場合は、方法があります。
    http://nagasaki-city.seesaa.net/category/2361325-1.html

    水仙の里公園と言う小さい丘には約1,000万球の水仙が植栽されていて壮観です。
    期間は1月20日までですが、花はその後も咲いています。(笑)
    http://www.nomozaki.or.jp/02_news/suisen/suisen.htm

    また、こちらは穴場中の穴場で、私も行きたいと思いながら未だに行っていない所ですが、大瀬戸町の山の中にある「音浴博物館」
    小学校分校を改修した建物に、故人の栗原榮一朗さんが21年かけて収集したレコード、ゼンマイ式の蓄音機、脚つきステレオ、昔のラジオなどを展示公開しています。
    長崎らしい場所ではないですが、昭和レトロを感じる場所です。
    http://www.kankou.saikaicity.net/sightseeing/onyoku.html

    その途中の外海町にある「遠藤周作文学館」もオススメです。
    遠藤周作が執筆した「沈黙」の舞台になった場所に建てられた記念館で外海の風景と隠れキリシタンの歴史が感じられるとても良い所です。
    http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/endou/index.html

    その他、この地域には、ドロ神父記念館や赤レンガの黒崎教会などキリシタンの歴史が盛りだくさんです。
    興味があったら、是非一日ゆっくり回られると良いですね。
    どちらも市内からは遠いですので、人数が多い場合はレンタカーを借りられた方が良いかも知れませんね?

    市内の中心部ではないですが、お役に立てたでしょうか?
  • アラ・マア
  • 2008年01月12日 23:52
  • 今晩は。
    早速のお返事有難う御座います。
    音浴博物館、遠藤周作文学館とても
    そそられましたが行程的に無理みたいです。
    でも、またきっと長崎には来ますので
    その時の楽しみに取っておきます。
    今回は、ホテル選び等とても参考になり
    助かりました。有難う御座いました。
    そうそう、じげもんさん。地元の人の意味なんですね。
  • じげもん
  • 2008年01月13日 01:33

  • 今晩は!
    やっぱり距離がありますよね?
    市内では、私も記事にした、
    「鳴滝のシーボルト記念館」とか、
    諏訪神社、そのすぐ近くにある
    松の森神社なども良いかも知れません。

    諏訪神社のそばには、「長崎歴史文化博物館」
    と言う施設もありますので、幕末の頃の長崎の
    歴史に触れる事が出来るかも知れません。
    ちなみに、その場所は、旧長崎奉行所があった
    場所です。
    長崎市のHPです。↓
    http://www.nmhc.jp/

    ところで、じげもんは、長崎弁で、地元の人間の事です。
    他にも土地で摂れた野菜や魚なども
    「じげもんの・・・」と言う表現をします。

    プロフィールに書くようにしますね。
    楽しい旅行を満喫してください。
  • アラ・マア
  • 2008年01月14日 17:52
  • こんにちは。
    何度も有難う御座います。
    博物館と、その近くの防空壕跡を見学する事に
    しました。
    色々とアドバイスいただき助かりました。
    また、旅から戻りましたら感想など
    お知らせいたします。
  • アラ・マア
  • 2008年01月22日 11:18
  • お早う御座います。
    19,20日で行って参りました。う〜ん、やっぱり
    良いですね〜!長崎!もう一泊したかった!
    ペンギン水族館、歴史博物館、防空壕跡、帰りに
    がまだすドームに行きました。
    市内では、キョロキョロしている私達にご婦人が
    「どこへ行くの?」と声をかけて下さり親切に
    教えて下さいました。もう、本当に嬉しいですね
    節約旅行の筈でしたが、店員さんの良さもあり
    美味しい物を沢山食べてしまいました。
    駐車場の係りのかたも親切で良い旅になりました
    これからも、じげもんさんのページ、旅行に関係
    なく見させて頂きます。
    これからも、長崎の情報を楽しみにしております
    大変、お世話になり有難う御座いました。
  • じげもん
  • 2008年01月22日 21:23
  • >アラ・マア様

    こんばんは!
    そうですかぁ
    楽しんで頂いて、こちらも嬉しいです。
    長崎の人は、昔から観光客には親切な
    土地柄で、そういう面では割りと好評です。

    今度は、イベントの時にでも又いらして下さい。

    それから、私のブログもよろしくお願いします。

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
URL
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa