長崎観光@元タクシードライバーの長崎ガイド > 長崎のスナップ > 緑色の桜の花/御衣黄(ぎょいこう)

長崎のスナップ

緑色の桜の花/御衣黄(ぎょいこう)

緑の桜/御衣黄

4月も中旬だと言うのに真冬の天気でここ数日寒い日が続いていますが、皆さん風邪など引いていませんか?

長崎は桜もそろそろ終わろうかとしていますが、「お花見も寒くてやっていないよー!」って言う人もいるんではないでしょうか?

先日、久しぶりに浦上周辺に用があり、永井隆博士の如己堂の前を取り掛かった時に緑色の桜の花を見かけ、つい足を止めてしまいました。

写真がその画像ですが、桜の名前は「御衣黄(ぎょいこう)」と言うそうです。

どこが花びらでどこが葉っぱか良く分かりませんが、こんな珍しい桜があるんですね?

この御衣黄は、永井博士の出身地の島根県三刀屋町から贈られた物だそうで、如己堂の表玄関に植えられてありました。

花自体が緑なので、気づかずに通りすぎてしまう人が多いのではないでしょうか?

画像は3月末のものなので、まだ咲いているかは疑問ですが、興味がある方は、是非見に行ってみて下さい。

<<やすらぎ伊王島のオリーブ植樹祭 | 長崎観光@元タクシードライバーの長崎ガイドトップへ | 軍艦島へ上陸しました!>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
URL
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa